本文へスキップ

日幸電機製作所はブレーカ、プロテクタ、漏電遮断器、電子応用機器のメーカです。

TEL. 044-455-1211(営)

〒211-0002 神奈川県川崎市中原区上丸子山王町1-860-2

会社概要など

会社概要

社名株式会社 日幸電機製作所
代表者大 條 雅 也
資本金1億円
設立年月創立:昭和10年(1935年)2月
設立:昭和13年(1938年)12月
営業品目 配線用遮断器(FMサーキットブレーカ)、漏電遮断器、機器保護用遮断器(プロテクタ)、電流制限器、各種小形トランス、各種電源装置の設計・製作・生産、生ゴミ処理機(ディスポーザ)
従業員数175名
取引銀行商工中金、三井住友銀行、横浜銀行、川崎信用金庫、横浜信用金庫、日本政策金融公庫
営業所東京、仙台、大阪

社名「日幸」と企業理念

当社の社名「日幸」は、「働くもの日まし幸なれ」という当社の企業理念を表現したものです。 これにはユーザーの皆様はもちろんのこと、 当社に就業する従業員も共に、豊かに発展する ことができるようにという願いがこめられてい ます。「日幸」の理念のもと、さらなる技術力 向上を追求し優れた製品をお届けすることで 広く社会に貢献してゆきたいと考えております。

暮らしへ、社会へ。

テクノロジーのめざましい進歩によって、時 代は大きな変革期を迎えています。高能率で 快適なオフィス、時速500kmで走る夢のリニ アモーターカー、安全で生産性の高い工場、 そして、人にやさしい居住空間とそこに生ま れる文化的生活。 電気回路の安全を見守る日幸電機のブレーカ は、重要な役割を担っています。 創業以来 蓄積してきた技術が、人々の明日の新しい社 会を創造する一助となるよう、たゆまぬチャレンジを続けていきます。

2017年度の経営方針

2017年度の経営方針(品質目標)は、次の通りとする。

品質目標

1)不良の撲滅
あらゆる不良や危険の芽となるポカミス、見落とし等のヒューマンエラーの撲滅を目指します。

2)問題の徹底解明
問題が発生した際はすぐに認識出来る社内の体制を構築します。
問題は部署内で抱え込まず部署横断的に全社一丸となって徹底的に追及・解明します。
問題から学び再び同じ問題を起こしません。

3)ルールの順守とマナーの励行
品質維持・向上のためコンプライアンス、社内規定などのルールを順守するため
教育・研修を実施します。
納期の順守並びに社内外へのマナーある行動の励行を推進します。
※仕入納期・製品出荷納期の遅延率の把握及び管理

4)品質向上のための業務知識・能力の向上
教育研修の実施(部門ごとの定例的研修など)、資格取得の奨励。
一人一人の能力・責任感の向上を目指し、問題解決力や対応力の向上に繋げます。
当事者意識を持って業務効率化と徹底的なコスト意識を常に一人一人が持つようにします。

5)ライフワークバランス及びメンタルヘルスの向上
一人一人が積極的に業務効率化に取り組むことによって残業を減らし、ライフワークバランス
及びメンタルヘルスの向上を目指します。

2017年4月1日
株式会社 日幸電機製作所
代表取締役 大條 雅也

バナースペース

株式会社日幸電機製作所

〒211-0002
神奈川県川崎市中原区上丸子山王町1-860-2

TEL 044-455-1211
FAX 044-455-1212